Bossa Nova & Jazz Music – Relaxing Cafe Music – Music For Work, Study

this website uses Managed wordpress and we are very pleased

$1*/ mo WordPress hosting! Get going with GoDaddy!



Please Subscribe!!!
BGM作業用 Channel
https://goo.gl/bdkwxp
リラックスした時間のための素晴らしい音楽。 この豪華な音楽は、茶室や小さなバーでのビジネスにも使用できます!
-Bossa nova: 1950年代と1960年代(1957年と1963年のピーク時)、リオデジャネイロ南部の熱帯ビーチでボサノバが知られ、人気を博し始めました。中産階級の学生、若手アーティスト、ミュージシャンが集まり新しいサウンドを創り出しました 。 だから、ボサノバは「新しいトレンド」を意味します。 Tom JobimとViníciusde Moraesによって演奏されたChega de Saudade(No More Blues)は、最初のBossa Novaの曲と見なされます。
-Jazz piano: ジャズピアノとは、ピアニストがジャズを演奏する際に使用する技術の総称です。 ピアノは、創業以来、ジャズイディオムの不可欠な部分であり、ソロとアンサンブルの両方の設定になっています。 その役割は、主に楽器のメロディーとハーモニックの組み合わせによる多面的なものです。 このため、主な楽器にかかわらず、ジャズ理論を教授し、学習するためのジャズミュージシャンや作曲家にとって重要なツールです。 (「ジャズピアノ」という言い回しは、どの楽器でも同様のテクニックを指すことができます)。
– Jazz guitar: ジャズギターという用語は、一般的に「ジャズ」と呼ばれる様々なジャンルで使用されるギターのタイプまたは様々なギターの演奏スタイルのいずれかを指すことができる。ジャズタイプのギターは、従来のアコースティックギターの音量を上げるために電気増幅を使用した結果として生まれました。

1930年代初めに考案されたジャズミュージシャンは、騒々しい声域で聞こえるようにジャズミュージシャンが自分のサウンドを増幅しようとしていたため、エレキギターが必要でした。ビッグバンドのギタリストがアコースティックギターしか持っていなかったとき、彼らができることは和音を演奏することでした。彼らはアコースティックギターが騒々しい楽器ではないので、ソロを演奏できませんでした。ギターがアコースティックギターからセミアコースティックギターに切り替わり、ギターアンプを使い始めた時、ギターはギターを聴きやすくし、ギターソロを弾くことができました。おそらく、他の楽器は、20世紀初頭からジャズがどのように進化したかに大きな影響を与えたことはなかった。ジャズで使用された初期のギターはアコースティックギターとアコースティックギターはまだジャズで使用されていますが、ほとんどのジャズギターは電気的に増幅されたギターやエレキギターで演奏しています。

伝統的に、ジャズのエレクトリックギタリストは、かなり広い中空のサウンドボックス、ヴァイオリンスタイルのf穴、「フローティングブリッジ」と磁気ピックアップを備えたアーチトップを使用しています。 1950年代初頭から大量生産されたソリッドボディー・ギターも使用されています。

ジャズ・ギターの演奏スタイルには、ジャズ・コードの声(場合によってはベース・ラインを歩く)と「コンパイル」と、ジャズ・スタイルのフレーズや装飾を使ったジャズ・コード進行の「ブローイング」(即興)が含まれます。コンパインとは、曲のメロディーや他のミュージシャンのソロ即興の下で和音を演奏することを指します。ジャズギターのプレイヤーが即興で演奏するとき、調律のコード進行と調子のメロディーの要素で和音に関連付けられたスケール、モード、アルペジオを使用することができます。

——あなたが良い気分ならば。 チャンネルを楽しむだけでなく、共有してチャンネルをサポートしてください。 ありがとうございました!—————–

source


#Popular #Music & #Videos -the most #Popular #Music #artists